ねこえさ

 5匹猫の母マギースコポラミンによる抱腹絶倒の日々。 何時如何なる仕事をしていようとも猫餌・猫トイレのことは優先順位1位である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣き声

今日スーパーで買い物をしていたら、こどもの泣き声が聞こえました。
おもちゃを買ってもらえず、(多分)親はどんどん行ってしまうので、「おいてかないで~」と叫んでいます。
その家のしつけ方ですからもちろん口はだせませんが、孫を持つ身としては、その様子が不憫でなりません。
その場から逃げようとしてもどうしても行く先々で泣き声が追ってくるようです。
子供はもう半ばパニックになっている状態で、親の都合で辺りも気にかけずに泣かせ続けていることにはどうかと腹が立ちました。
一旦落ち着かせてクールダウンしてところで、子供は要求を取り下げることはないでしょうし、取引やごまかしではいつまでも同じことを繰り返すだけでしょう。
姪の子供を預かった義妹はひっくり返ってだだをこねられて、驚いたといっていました。
自分たちの子供たちはそんなにわがままをいわなかったねと話し合いましたが、時代でしょうか。
今は核家族が多いと思いますが、当時は親の両親と同居というケースの中で子供なりに、自分がわがままをいうと親がまずい立場になると察していたのかもとも言いました。
自分の主張をはっきりいうのは大切なことですが、それが通るのかどうかを見極める判断を育てることも必要ではないでしょうか。
バアバは、子供の望みを叶えて上げられないとき、一応説明はしますが理解してはもらえないとも思うので、時間をかけて落ち着くまで待つか、聞き分けてくれたときに「えらーい!さすがだね」とオーバーなくらい褒めます。 
誰だっておこられるより褒められる方が嬉しいにきまっていますものね。
親には時間的にも気持ちにも余裕がないでしょうが、バアバには時間がたっぷりありますから、泣いて飛んでくれば、無条件でだきしめたり、おんぶして慰めることができます。
それがバアバの役目と心得ているのです。
やがてそこから自己と他者との区別とか、悲しかった経験が相手の心の痛みをわかってあげられる子に成長するのではないかと期待します。
孫自慢ですが、うちのミッチー(3才)は泣いている子の涙をふいてあげているらしいですよ。

▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール


マギースコポラミン

  • Author:マギースコポラミン
  • 性別:女性 年齢:不詳 
    血液型:O型
    性格:後先考えない行動(娘談)
       片手には常に食べ物が
    好きな歌手:岡本 知高
    好きな食べ物:白桃(岡山産) 


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。